MENU

ニクリーチは職務経歴書の内容でスカウトされやすくなります。

 

ニクリーチにはスカウトと言う転職希望者にとってはありがたいシステムがあります。

 

あなたの経歴書を読んで、採用担当者の方から声をかけてくるわけですから、話が早いわけですし採用の可能性も高くなります

 

ニクリーチでスカウトされやすい経歴書の書き方とは
さらには自分が考えもしなかった会社から声がかかることもあります。

 

自分の新たな才能が、発揮できたり新たな世界でキャリアを積み重ねていくこともできるのです。ですから職務経歴書をしっかり書くことが自分の一生を左右する大きなきっかけなる可能性があります。

 

ここでは採用担当者にスカウトされやすい経歴書の書き方についてまとめてみました。

 

経歴書に最低限書かれていなければならない項目とは

 

自社会社の、関連業種か同一業種であることを重視している企業もあるので、今までの業種をはっきり書きましょう。

  • どんな業界にいたのか
  • どんな業務を経験したのか
  • どんな役割と責任を担ったのか
  • どんな成果を出したのか

は経歴書になくてはならない必須事項となります。採用担当者が知りたいことを全部書くつもりでしっかり書きましょう。

 

仕事していない期間がある場合は

仕事をしていない期間がある事は、担当者にとっても気になるところです。留学や病気などの理由がはっきりしている場合はそのことをきちんと書いておけば問題ありません。特に明確な理由がない場合は、勉強していたことなどを具体的に書くことで、カバーすることができます。

 

前職がアルバイトだった場合は、仕事に対する意識が低いのではないかという、考えを持つ担当者もいるので、なぜアルバイトという雇用形態を選んでいたのかを記入しましょう。

 

職務経歴書書く順番は新しい方から古い方へ

職務経歴書を書く順番は最近の会社から、古い会社へ順番に書きましょう。なぜなら担当者が、いちばん知りたいのが、直近の仕事で何をやっていたのかということです。しかし順番にだらだらと書くのではなくて、自分が1番アピールしたいポイントを、より詳しく書きましょう。
ニクリーチでスカウトされやすい経歴書の書き方とは

 

採用担当者の検索ワードをできるだけ入れる

採用担当者もスカウトした人材を探すのに「検索」という機能を使います。ですから採用担当者の検索キーワードに引っかかるように、自分のスキルに関係する単語は具体的にできるだけ多く使いましょう。

 

「SIer」や「ERPベンダー」などの専門用語も具体的に本文中に織り交ぜて書きましょう。

 

経験や成果は具体的な数字を入れる

自分の経験や業績などについてよりわかりやすい用語や数字を入れておきましょう。採用担当者は具体的な数字などを見てその人物の能力を判断しします。

 

自分の業績などについては主観的な文章にするのではなく、客観的に事実を述べた方が印象は良いですし評価しやすくなります。

 

自分のスキルを多く書くと違った業種からオファーが来る

自分のスキルについてはできるだけ多く余すところなく記入しましょう。

 

あなたを求めている企業はあなたが希望している業種だけとは限りません。思ってもみなかった業種からオファーが来ることもよくあります。新しいキャリアの選択肢と可能性を広げておきましょう。

 

最後に誇示脱字がないか確認しましょう。

職務経歴書は本人にとっても採用担当者にとっても、非常に重要な文書のはずです。

 

その文書に誤字脱字があるとイメージが悪くなります。事務系があれば当然、文章の処理能力がないと判断されてしまいますので、最後にしっかり確認しましょう

 

いかがでしたか。職務経歴書はあなたがやってきた仕事について、さらにはあなたの人となりをアピールするのに重要です。 また自分の人生を振り返るいい機会にもなるでしょう。

 

経歴書は書き直すことも可能です。あまり乗せる考えずありのままの自分をさらけ出す覚悟で、記入してみてはいかがでしょうか。自分の方向性について新たな発見があるかもしれません。

 

このページの先頭へ